岡山県津山市下高倉西824

腰痛とパーキンソン病

腰痛は、パーキンソン病でよくみられる症状です。
 
パーキンソン病発症前の時期にも、前駆症状として出現することがありますので、腰痛の患者さんに対応する時は、常に頭の片隅に、その可能性も考慮に入れて、施術をしています。
 
パーキンソン病を患うと、姿勢が前傾して、腰に負担がかかるようになります。
 
また、本来人間が持っている痛みを感じにくくする脳の働きが、パーキンソン病のためにうまく働かなくなり、痛みを強く感じやすくなるために、腰痛が起こります。 (パーキンソン病の本態である、脳内黒質線条体系のドパミン減少という状態自体が、中脳辺縁系ドパミンシステムの活動の不活性化を招き、それが下行性疼痛抑制系の不活性化に連動し発生すると考えられます。)
 
パーキンソン病の腰痛をはじめとした痛みの治療は、医療の現場では十分行われているとは言えず、腰痛は運動症状をさらに悪化させ、うつや不安などを増強するとも言われており、痛みに対して適切に対処する必要があります。
 
鍼灸マッサージ治療は、パーキンソン病の腰痛などの痛みに対して、たとえ一時的でも有効な治療法であることは、実際にこれまで経験してきています。
 
パーキンソン病で、腰痛やその他の痛みにお悩みの方は、痛みの軽減に、鍼灸マッサージ治療がお勧めです。日々の生活を、少しでも楽に過ごしたいという方は、ぜひお試しください。
関連記事

同じカテゴリの記事

症状関連記事

症状でブログ記事を検索

Back to Top