岡山県津山市下高倉西824

頭頚部アライメントと肩のスポーツ傷害

頭部が前方に位置したアライメントである、forward head postureは、上肢運動中の肩甲骨の内旋や前傾増加を招き、僧帽筋上部・下部線維の筋活動増加、および、前鋸筋の筋活動低下を引き起こします。

さらに、増加した胸椎後弯により、肩甲骨上方回旋および後傾減少、挙上および内旋増加が生じ、肩の適切な動的アライメントの獲得を阻害し、結果として、肩のスポーツ障害につながる可能性があるのです。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top