岡山県津山市下高倉西824

回旋運動の重要性

日々の臨床で、主に、身体に痛みを持った方の治療をさせていただいておりますが、最近は、くび肩や腰だけでなく、上肢、下肢に痛みを持った方のご来院が多い印象があります。

そういった方の治療をさせていただいているうちに、ある重要な法則性に気づきました。

たとえば、手首の腱鞘炎の場合、患部に問題があるのはもちろんですが、もう少し範囲を広げてお体を拝見すると、肘や肩、さらには、首や、さらには、関係なさそうな腰にまで、ある一定の問題があるのです。

その問題を一言でいうと、回旋運動に問題があるのです。

つまり、ひねる、ねじる、といった動きです。

人間の体の動きにおいて、回旋運動は非常に重要で基本的な動作のようで、この回旋運動を意識した施術をすることが非常に効果的であることがわかってきました。

このように、私(院長)は、常に、より効果的な施術法の追及、そのための、人間の動作、というものの研究をし、これからさらに実力アップし、今まで治せなかった症状も治せるようになるために、日々努力しておりますので、どうぞ、これからもOKをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top