岡山県津山市下高倉西824

自己破壊的生活習慣と生活習慣病

自己破壊的生活習慣、とは、日々のストレスによりつくられる、頑張り過ぎ、飲み過ぎ、食べ過ぎ、睡眠不足、喫煙、などの、悪しき生活習慣です。

生活習慣病は、自己破壊的生活習慣から発症することが、非常に多い、ということが言えます。

すなわち、「生きざまの疾患」である、ということが言えます。

その点で、多くの生活習慣病は、広義の心身症、ということが言えます。

そんな無理を重ねた生活を続ければ、いずれ病気になって当然、と思える方は、少なくありません。

しっかり休息を取ることが必要です。

何事も「バランス」が大事、と感じます。

いくら素晴らしい業績を残せても、体を壊してしまっては、元も子もありません。

結果的に、頑張り過ぎない人の方が、長い目で見ると、良い業績を残すことができるように感じます。

たまには、リラックスすることは大切なことです。

そのお手伝いができれば、治療家として、この上ない喜びです。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top