岡山県津山市下高倉西824

頭蓋下顎機能障害(CMD)②

CMDの病態生理を考えるとき、主に、咬合、筋肉、関節、の三つの不具合から考えると整理しやすいです。

これに、神経、を付け加えると、さらに分かりやすくなります。

ここからは、CMD患者さんが発生し得る症状について、見ていきます。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top