岡山県津山市下高倉西824

「お任せ」で生きる

人間は、どんな人生・環境・生活であっても、神仏に頼らずに自分なりのできる努力をしながら、自分が生かされていることに感謝して「お任せ」で生きれば大丈夫、と、老子は教えています。

古代中国の当時でも、現代同様、自分で努力せずに、神仏にご利益を祈願する、御蔭信仰ばかりを行う人間が多かったようです。

神社・仏閣は、金銭と交換で個人の欲望を祈願するところではありません。

神仏に「感謝」を捧げるところです。

「今日も生かしていただいてありがとうございます」と感謝を捧げ、自分でできる精一杯の努力を継続し、あとはお任せです。

私(院長)も、毎日、高倉神社(たまたまOKはり灸マッサージから近いので)様に、感謝をささげています。

お願い、祈祷は決してしないように気をつけて生活しているのです。

そんなものは、意味ないどころか、かえって悪影響を自分に及ぼす、と考えているからです。

自分の最大限の努力と、あとはお任せ、のスタイルが自分には合っているようです。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top