岡山県津山市下高倉西824

どちらともいえない

よく世論調査などで、「どちらともいえない」というフレーズがありますが、これほど無駄な意見はない!と前々から思っています。

どちらともいえない、は、もはや自分の意見がない、と暴露しているも同然です。

イエスかノーかはっきりしろ!と言いたくなります。

日本人の悪い部分です。

それはともかく、日常の臨床において、その痛みが、筋肉由来なのか、関節由来なのか、神経由来なのか、内臓由来なのか?

どちらともいえない、ということが非常に多いです。

ですので、どの可能性も考慮した治療を施すことになります。

このパターンだからこれ、という決めつけは、後で痛いしっぺ返しを食らいます。

常にあらゆる可能性を考慮して、これからも臨床に当たっていきたいと考えています。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top