岡山県津山市下高倉西824

PMS(月経前症候群)、PMDD(月経前不快気分障害)と自律神経機能

自律神経機能の側面から見た場合、PMSでは、卵胞期と比べて、黄体後期の総自律神経活動と、副交感神経活動が優位に低下することがわかっています。

PMDDでは、月経周期に関係なく、自律神経活動が著しく低下していることもわかっています。

これらの事実から、PMS,PMDDにおける、黄体後期特有の、多岐にわたる心身不快症状の発現に、自律神経活動の異常が関与していることは、間違いありません。

PMS、PMDDでは、月経周期における女性ホルモン分泌には、異常がないことが多いこともわかっていますので、その病態の詳細が未解明であるものの、自律神経機能の調整、という切り口からの治療というものが考えられるわけです。

鍼灸治療には、自律神経機能の調整作用がありますので、鍼灸治療が、PMS,PMDDに効果がある可能性はおおいにある、ということがいえるのです。

コメントを残す

症状でブログ記事を検索

Back to Top